トゥスチールの交換時期

以前書いた通りトゥスチールをつけるかどうかは個人の好き好きだと思っている。

レザーソールにトゥスチールは取り付けるべきか。
ハーフラバーに続き、永遠に論争が続くであろうトゥスチール。でもやっぱり「好きにすればいい。」が結論。

が、自分自身はトゥが削れやすい歩き方をしているらしくトゥスチールはマストアイテム。新しい靴を買うときはすぐ修理屋に持っていってトゥスチールをつけてもらうし、オールソールの時もトゥスチールの装着を合わせてお願いする。こうすることでトゥの削れを抑え、靴を長持ちさせることができる。

トゥスチールはいつ交換すべきか

トゥを保護してくれるありがたいトゥスチールだが、金属とはいえコンクリートのような硬いフロアには敵わない。何も施していないレザーの状態と比べれば減りはだいぶ抑えられるが、それでも徐々に削れていってしまう。ヒールと同様、いつかは削れきってソールに達してしまうわけで、その前には取り替えないといけない。
さて、ヒールはよく「残り1mmになったら交換」と言ったりするが、トゥスチールはいつ交換すべきなのか。

残り0.1mmになったら

基本的に、トゥスチールは残りがなくなるギリギリまで粘っていいのではないかと思っている。理由はいくつかあるが、まずは元々が薄いから。トゥスチールの厚さはそもそも2mm程度なので、1mmになったからといって交換していてはキリがない。もともとギリギリまで使い倒すものぐらいのつもりでいいんじゃなかろうか。
それに金属なのだからヒールよりは削れにくい。ギリギリになってもそこから更に削れるまでには時間がかかる。

更に、トゥスチールが削れる頃には靴が足に馴染んでよく曲がるようになっているという事情もある。靴を履きおろした頃はソールが固く、どうしてもトゥが地面にあたってしまいトゥスチールが削れてしまう。しかし履きなれてくるとそもそもトゥが地面に当たりにくくなり、あまり削れなくなってくる。なのでトゥスチールが減りにくくなり、交換の必要もなくなってくる。ヒールでも最初はたくさん削れて徐々に削れにくくなっていくが、トゥスチールはそれ以上にその傾向が顕著だ。少なくとも自分の歩き方の場合は。

ということで、残り0.1mmになったら交換、がトゥスチール交換の基本的なタイミングではないかと思う。

ネジがとれたら

トゥスチールはネジで靴に固定されているが、稀にこのネジが取れてしまう時がある。履き始めてすぐに取れてしまった場合は修理店にクレームを入れた方がいいが、長く履いていてネジが取れたら運が悪かったと諦めるべきだろう。

1つぐらいネジが取れても残りのネジや接着剤で固定されてはいるものの、外出中にトゥスチールが取れてしまわないかという不安は残る。ネジが取れるのはレアケースだが、取れてしまったものは仕方ないだろう。

他の修理と合わせて

オールソールの際は言わずもがな、トゥスチールも交換せざるを得ない。
他にハーフラバーの交換の際に、合わせてトゥスチールを交換して気分を一新させるというものありだろう。

まとめ

基本的にトゥスチールは長持ちするものの、残りがギリギリになるかネジがとれるかしたら交換を考えた方が靴のためだろう。他のソール修理と合わせるというのもアリかもしれない。