仔吹き旺盛なハオルチア、特大型ダルマクーペリー

Haworthia. cooperiの大型種。鶴仙園の500円株。ぐんぐん大きくなる上に仔吹きも激しいです。最初は仔をとって小さい鉢に並べて植えていたりしたけど、取っても取っても仔が出てくるので最近はもう諦めました。

特徴

通常、クーペリーやオブツーサのような品種は小さくてギュッと詰まっているのが魅力なんだと思いますが、こいつはかなり大きくて、このまま育てればレタスかキャベツの仲間になれるんじゃないかという気さえします。

葉は柔らかく肉厚で表から裏まで透明の窓があり、緑の条里が縦に何十本も走っています。葉の先端からちょろちょろとノギが伸びるが、気付いたら切れていたり、もともとほとんどない場合も多いです。葉の縁にギザギザがありますが柔らかくて全く痛くないです。

葉同士が密着したきれいなロゼッタ状になりますが、太い花軸に押し付けられた葉が2つに裂け、それぞれ独立した葉の様に修復されたりすることもあったり。かなり自由な株。

驚いたのは植え替えの時で、地面の中に向かって3cmぐらいの仔を吹いてました。葉がもやしのように白くくねくねしていたので、うまく向きを変えて地上に顔を出してあげました。今ではすっかり緑色になりましたが、なぜかロゼッタ状にはならず、互生のような感じで玉扇のように葉が増えていってます。このまま大きくなったら面白いなー。

うちでの育て方

生命力が強いので、何も考える必要もなくほっておくだけで写真のようになります。日にも強く、夏の直射日光でも日焼けしません。さすがに葉は凹んだりしますが秋冬になればすぐ復活します。

あまりにも仔が取れるので庭に地植えしてみましたが、いまのところまだ生きています。このまま自生したら面白いので腐らず頑張って欲しいです。

ミニ蘭鉢 プラ鉢 10個

ミニ蘭鉢 プラ鉢 10個

posted with amazlet at 15.11.13
所沢植木鉢センター
売り上げランキング: 21,997