サボテンのギムノカリキウム属、緋牡丹錦の開花

サボテン、ギムノカリキウム属の緋牡丹錦(Gymnocalycium mihanovichii variagated)の花が咲きました。緋牡丹錦という名前は品種名なのか単なる和名なのか?

特徴

サボテンは花が咲かないor花は綺麗じゃないと思っている方も多いですが、サボテンは大小様々なきれいな花をつけます。めったに咲かないだとか、咲かせるのが難しい品種も多いですが、ギムノカリキウム属のサボテンは普通に育ててればだいたい毎年開花します。

緋牡丹錦は牡丹玉に斑が入った品種です。深い緑の肌に鮮やかな赤色の斑が入るのが特徴的な、色彩豊かなサボテンです。というか緋牡丹錦が一般的すぎて牡丹玉を目にする機会の方が少ないです。完全に葉緑素がない全斑のものは緋牡丹と呼ばれ、それはそれで有名です。

写真のとおり、薄ピンク色の大きな花が咲きます。

緋牡丹錦のつぼみ

アレオーレ(刺座、トゲが出てくるところ)からつぼみが伸びてきて、日光の強い昼間だけ花が開きます。梅雨ぐらいからつぼみは出てましたが、真夏の間は成長が止まり、気温が下がってきたことで成長が再開して開花に至りました。残念ながら他に咲いているギムノがいないので交配はできませんが、綺麗な花を今年も見れただけで満足です。花に精を出しているお陰か、からだがあまり大きくなってくれません。もっと成長してくれると楽しいのだけれども。